アレルギー治療

身体の中から改善するカイロプラティックを池尻でご堪能下さい。

池尻のカイロプラティックサロン美と健康のKANOUSEIでは、
アレルギー治療を行っており、食生活や日常生活の暮らしの、
根本的な考え方や意識までも変えていきます。
患者様のアレルギーに対する意識を高め、より効果的な改善を、
池尻のカイロプラティックサロン美と健康のKANOUSEIが贈ります。

▼ アレルギーやストレスに対する考え

アレルギー体質の人がアレルゲンを避け、つらい症状を緩和する対処療法には限界があり、生活上大きな負担がかかります。又精神的ストレスについても同じことが言えます。しかし私達は本来あらゆる環境に適応できる免疫力をもっているのです。これらの施術が成功するとアレルゲンを避ける必要がなくなり食事制限も必要なくなります。又ストレスに関しては病的条件反射を元に戻すことによって本来の適応力がもどってくるので同じ状況においてリラックスパターンを維持できるようになります。そしてこのような考え方が健康的な生き方だと思います。

しかしながら、世界的にみてもアレルギー/ストレス治療は発展途上であり、いろいろなアレルゲンやストレスが複雑に関与しているケースも多く、治療技術のレベルの問題も存在していることは否定できません。当院としては新しい治療技術をいち早く施術に取り入れ、皆さんに安心して生活できるよう今後とも努力をしてまいりますので、皆さんは根気良く続けることが大事です。

▼ アレルギーが起こる仕組みとは?

小さい頃友達にいじめられて悲しい思いをして家に帰ってきたとします。

悲しい思いをしながら用意されているおやつ(甘い物)を毎日毎日食べたとします。そうするとお菓子を食べながらいつも悲しい思いをしていたことになります。

脳は食べている甘い物が自分を悲しくする原因だと勘違いします。

そうなると甘いお菓子は自分にとって良くないものという風に脳が思ってしまっていますから次に甘い物を食べた時に悲しくなくても脳からは「これは悲しくさせるものだから」と警告を鳴らし、お腹が張ったり、胃が痛くなったり、身体が緊張を起こしアレルギー症状を発します。

▼ アレルギー療法は

≪お砂糖(甘い物)= 悲しみ≫という間違った脳の誤作動をリセットすることなのです。そして甘い物はお菓子、悲しみは友達にいじめられたことと言う風に脳が整理整頓をすると、甘いお菓子を食べてもお腹が痛くなることはありません。

もう一つのポイントは、初診時にその人の身体全般の栄養状態、五大アレルギー食物のレベル、体質の特定、電磁波、化学物質、重金属、などに反応しているか等患者さんの大まかな身体状態を把握し、アレルギーの黒幕である酸性体質の改善、有害重金属による汚染の度合いの検査-->デトックス治療を施すことで、アレルギー療法がより早く効果的に改善していくことが重要になってきます。

アレルギーの検査について

アレルギーがあるかどうかの検査は、バイルという小さな試験官に入った水を使います。
バイルの水には固有のエネルギーが転写されているのです。

BBFのバイル(食物以外のアレルギーがあるかどうかを検査するもの、例えば…自律神経失調症のようなもの)、続いて卵、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB…という風に順番にアレルギー反応を示すかどうか検査していきます。

陽性の反応が無くなったことを確かめたあと、25時間~4日間のアレルギー反応のあった食物を食べないダイエットを行います。

アレルギーといえば花粉症が良く知られていますが、花粉にはたくさんの栄養素が含まれている言わば受精卵のようなもので、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、糖分などで構成されています。

花粉が飛んでくると花粉に含まれている栄養素に敏感に反応してしまうのです。
ですから花粉症をお持ちの患者さんは、基本的に栄養素のアレルギー除去を行っていきます。

ハウスダストも同じ考え方でNEATアレルギー除去療法の手順に沿って大元の栄養素から除去していきます。
(スギ花粉やハウスダスト自体にはアレルギーはあまりないのが知られています)
>> NEATについて詳しく見る

病気よさようならの手引き

治療後の食事制限表

【バイルを理解する為に】
有機物質、無機物質、目に見えるもの、見えないものを問わずすべての物質、事象、感情にはそれ固有のエネルギーが存在します。

波動技術のパイオニアで世界的に有名な江本勝さんの『水からの伝言』を読むと、水は一番エネルギーを転写しやすい媒体で「バカ」「ありがとう」という言葉によって結晶が違うということが詳しく書かれています。

【住所】 東京都世田谷区池尻3-1-1-駒場ネオパレス403

【アクセス】
電車 田園都市線池尻大橋駅 徒歩0分
バス 渋谷駅から「大橋」下車 徒歩3分
三軒茶屋駅から「池尻大橋駅」下車  徒歩0分

メールお問い合わせ